ご挨拶・コスプレイベント8月26日を終えて。

こんにちは。
いかがお過ごしでしょうか。にゃあ山田です。

コスプレイベント8月26日『レイヤード.NULL』、本当にお疲れ様でした。

お時間を割いてご来場頂いた、素敵なお客さまたちには心からの感謝を。

私自身、初主催という事で至らない点、拙い点あった事と思いますが、皆さまが若干なりとも楽しめていたならば幸いです。

当日、お帰りの際にお話させて頂いたお客さまから「楽しかった」と言ってもらえたのが、とても心に響きました。

コスプレイベントにてお忘れ物等はございませんでしたでしょうか?
その他でも、何かございましたらお気軽にご連絡下さい。

今回のご来場、本当にありがとうございました。
それではまた。
次回予定が確定するまでは、『馬鹿な事しか書いてない様な』雑記でお会いしましょう(笑)

                    にゃあ山田 拝

コスプレウィッグのお話(その2)

コスプレウィッグのお話その1からの続き


耐熱コスプレウィッグかどうか
まず、耐熱のコスプレウィッグの利点ですが。
熱に強いという事は、ドライヤーやヘアアイロンが使えるということ。
それだけで癖付けや、髪型作成が出来ます。

逆に、グシャグシャになってもドライヤーである程度は戻せます。

そして何と言っても、
『ポリエステル系染料等に多い、湯染め染料の温度に耐えられる』
という利点があります。
ウィッグは勿論(大半が)化学繊維なので「綿や麻等の天然繊維」専用の染料では染まらないのですが、それを熱湯(温度注意)を使うポリ系染料で染める事も出来るのです。

逆に、耐熱ではないコスプレウィッグの利点ですが。

「安い」

です。


いや、これは重要ですよ。

明らかに特殊な髪型のキャラなど、それにしか使えない様な加工をする場合は、ボンドで固めるといった手法もあります。
そんな事を高価なコスプレウィッグでは出来ません。

と、安価なウィッグが重宝される事もあります。

それに何事も、最初は安価なもので充分という事もありますしね。

また更に、妙に発色の良い色合いのものがある。という長所(?)も。
人間離れしたドギツいパステルカラーのバリエーションが、耐熱じゃないコスプレウィッグにたまにあります(笑)。


4・髪型や長さ
えー。
そのままなの意味なので割愛します。

…という訳にもいかないので。

長さもさる事ながら、形は重要です。
特に前髪は顔のイメージを作る重要な部分。
元のウィッグの前髪の生え方、分け方、カールしているかいないか。それだけでキャラのイメージが変わってしまいますので。

更にツンツン頭用の、最初から立ててあるコスプレウィッグもあります。
大抵のメーカーでは、前髪付近に髪を集中し(立ててあるので、前髪が重ならず、コスプレウィッグの地肌が見えやすい為)、上向きに並べるなどの工夫をされています。
普通のウィッグでは難しいオールバックも、最初から髪を立てる方向に作っている為、上手く使えば生え際が綺麗に見えますよ。


5・サイズ
然程、重要ではないのですが。
頭の大きさの問題だけではなく。
たまに、髪の長い方や髪の多い方はコスプレウィッグ内に収まりきらない事もあります(笑)
最近の、特にコスプレ用に作っているメーカーさんにはまずそんな事はありませんが…

アクセサリーショップ等に時々売ってる、オシャレウィッグなんかには稀に…(笑)

さて。提示した項目については以上です。

ちなみに、その他の用品についてですが、

コスプレウィッグネットは(余程の短髪以外の方なら)無いと困る(装着の際に使用すると地毛が見えにくくなる)。

コスプレウィッグ用スプレー(どうしても無ければリンスやトリートメントを水で薄めたものでも良いですが、濃度に注意。失敗するとベタベタになります)もあると便利。酷い場合は、ドライヤーとシリコンスプレーなんかがあれば(普通のご家庭にはなかなか無いかも知れませんが)綺麗に整います。

という感じです。
もし宜しければ、何か分からない事があれば、お気軽にお尋ね下さい。
分かる限りでお教えしたいと思っております。

さて。
こうしてる間にもとうとう明日にまで迫りました、京都きらっ都プラザです。

皆様が楽しんで頂ける、時間と場所を作る為に頑張ります。
明日お会い出来る方は、是非とも宜しくお願い致します。

                        にゃあ山田 拝

コスプレウィッグのお話(その1)

こんにちは!

いよいよ『レイヤード.NULL京都きらっ都プラザ』も間近に迫っておりますが、皆さま如何お過ごしでしょうか。

新作衣装を初出しされる方はお疲れ様です!
慣れた従来の衣装で臨まれる方も、お忘れ物の無いように気をつけて下さいね!

さて。
突然ですが、そんなコスプレというものは、自分に纏う4つのCによってクオリティが決まります。
その4つのCとは。

Costume(衣装)
(Color)Contact Lens(カラコン
Constructure(造形物)

そして、Catsura(ウィッグです!


…嘘です。
勿論でっち上げです。英語の意味とか調べないで下さい。

本日はそんな、コスプレにとって重要なファクターの一つとなり、以前と比べてもその使用率が格段に上がった、Wig(ウィッグ)についてのお話です。

ウィッグ はもう充分に普及しているものですから、「今更」と思う方もおられるかも知れません。
逆に初心者の方には解り易く書いているつもりですので、ご一読頂ければ嬉しく思います。


色々な髪色、髪型のキャラが溢れる昨今。
地毛で再現するにも、無論限界があります。
そこで登場するのが、キャラ作りの強力な助っ人、ウィッグです!

昨今、各社様々なウィッグを販売しています。
『●●の商品が××』とかは今回は触れませんが、
購入の際には


1・色
2・毛量
3・耐熱かどうか
4・髪型や長さ
5・サイズ


などが判断基準になります。
(毛量やサイズなんかは、通販では判断が付きにくいですが、これらは個々の商品差ではなく、メーカーによっての違いが大きいので、一度気に入ったメーカーの商品を選ぶなら問題はないかと)
購入の際にはキャラ絵としっかり見比べて選びましょう。

では、早速順番に説明していきますね。

1・色
勿論、各キャラのカラーリングに合わせて選ぶ訳ですが。

最近の作品は特に、キャラの髪色がとても曖昧。
画像ごとに、光源によって色が違ったり、アニメ版、コミックス版、ゲーム版などの違いもあります。

一番多く使われてる色にする、●●版と割り切る、各色から折衷するなどして決めざるを得ません。

最終的な判断は、その色で『自己満足出来る』かどうか。それに尽きます。

2・毛量
メーカーによっての差が一番出るのが毛量です。

多ければ地肌が見えにくく、複雑な髪型にも対応出来、手を加え易いのは当然なのですが、その分加工の際に手間が掛かるのも事実。

毛量が多いメーカーのものを、大して加工も無しに装着すると、もっさりし過ぎて『80年代の田舎者』か『毛のお化け』にしか見え無い事もしばしば。

少な目のものは、カットや加工をし過ぎると地肌が見える、という難点はありますが、大した加工をしなくてもそれなりにキャラが作れます。
ある程度落ち着いた髪形のキャラなら、少な目の毛量でも充分。
あと、上手く作れば『小顔に見え易い』です!!(笑)

キャラの髪型と、自分の顔、そしてカット技術(笑)に合った量のものを選ぶのがポイントです。

その2へ続く。

コスプレ衣装講座

コスプレイヤーデビューへの道・その1

こんにちは。
にゃあ山田です。

折角のBlog形式のサイトですので「何か役に立つ事でも書くべきではないか?」
という事で。


最近は、コスプレというものに興味をもって頂く方が増えまして。
新しくイベントに来られるお客さまも多くなりました。

中には何もせずに、ただその場の空気を楽しんで帰られるお客さまもおられますが。

この際、折角の『コスプレイベント』ですから、コスプレして楽しんでみるというのは如何でしょう。

そこで。
今回は「コスプレに興味があるんだけど、どうして良いか分からない」という方への、コスプレイヤーデビューへの道標をご紹介しようかと思います。


基本的に自作派推奨のワタクシですが。
初心者ともなれば、
・知識(まず作り方を知らないと…)
・技術(知識があっても、それが出来ない様ではダメ)
・財力(自作が安いというのは幻想です)
・時間(お金より大切なもの)
・設備(ミシンくらいはあった方が良いかも?)
・閃き(一番大切です)
の全てが必要とされる自作コスプレ衣装の作成には、簡単に手が出せないもの。


じゃあ、最初はみんなどうしてるの?


では、先ず。
『取り敢えずコスプレ衣装を用意する為の手段』
を段階を追ってご紹介しましょう。


1・既製品で出来るキャラを探す

2・既製品をリメイクする

3・ネットオークションが出来る年齢の方なら、オークションで競り落とす

4・コスプレ衣装を扱うお店に出向く

自分で用意する為の手段といえば(お金の掛からない順番に)この程度でしょうか。


では、次からはこれらを詳しく説明していきます。


コスプレイヤーデビューへの道・その2に続く

★コラム・コスプレ衣装講座

コスプレイヤーデビューへの道・その2

コスプレイヤーデビューへの道・その1からの続きです。


1・既製品で出来るキャラを探す

えー…これは…
「カッターシャツとスラックスで出来るキャラも結構いますよ」
って事です(笑)
あと、制服やら、胴着など学校で使ってたものから、スーツやら、それっぽいTシャツやら、浴衣、パジャマまで。
「そのまま着たらコスプレになりました」
っていう服は結構あります。

特に制服系の作品が流行っている昨今。
「上着を着てないけど実は●●なんです!」は常套手段。
むしろ、オリジナルキャラでも良いじゃないですか!


2・既製品をリメイクする

こちらは一歩進んで、今ある服を生贄にして、衣装を召喚…犠牲にして衣装にするものです。

ちょっと布を足したら、ちょっと切り取ったら、ちょっと小物を足したら衣装になる。
そんなキャラも結構います。

コスプレしたいあのキャラに良く似た服、持ってませんか?

…ただし。
「改造した服が後で必要になった…」なんて事にだけはならない様にご注意。
 
 
3・ネットオークションで競り落とす

Yahoo!なりビッダーズなり、大抵のオークションサイトでは18歳以上の年齢制限がありますが、オークションでは日々、様々なコスプレ衣装が取引されています。
多種多様なジャンル、キャラの衣装が、新品、中古、若干難のあるものまで。

現物を見て購入出来ない上、入札については全て自己判断、自己責任、発送から到着までの期間も不定。
と、不安材料も多い手段ですが、コスプレ衣装購入派で圧倒的に多く利用されているのがこのオークションです。

自分でも驚くような、思わぬ金額で競り落とせる事も。

ただし、トラブルを避ける為にも、出品者の説明文はよく読んで、画像はモニタに穴が開くほど良く確かめてから入札しましょう。
 
 
4・コスプレ衣装を扱うお店に出向く

実は色んなお店でコスプレ衣装 を扱っています。
中古専門、新品専門、業者製専門と、色々ありますが。

まんだらけさんや、GEESTORE(COSPA)さんに代表され、『オタクショップ』と呼ばれる様々なお店もそうですが、オリジナルで良ければ、ドンキホーテや東急ハンズなんかのパーティグッズコーナーにも、コスプレ衣装が所狭しと並んでいます。

今流行りのメイド服なんて、そこらのコスプレショップよりもハンズの方が品揃えが良い始末。

新品・業者製に限れば、金額は若干高め。

たまに掘り出し物が見つかる事もありますが。
 
 
 
更に

5・衣装製作業者にフルオーダーする

というのもありますが…

金額がどれだけかかるかを考えると…
ちょっと現実味がない気もします。


さて、ここまで書きまして。
イベント初心者の皆さんがこれを見て、初コスプレの目処が立てば嬉しいのですが。

最初は「着ただけ」「お手軽」レイヤーからで良いと思います。
衣装が簡単なものでも、キャラの作り込みでクオリティは上がるものですし、それらは段階を追って上達していくものだと思いますので。

勿論、最初からガッツリ凄い作品を仕上げてくる方もおられますが。

そんな特殊能力は誰しもに備わっている訳ではございませんので…ね…


以上です。

それでは。

これにてコスプレ衣装講座第1回は終了です。
初コスプレでの参加を目指して、是非頑張ってみて下さい。

                           にゃあ山田

コスプレイベントレイヤード.NULLのサイトが立ち上がりました(ご挨拶)

こんにちは。

いつもレイヤードで皆様にお世話になっております、にゃあ山田と申します。

こちらは、京都初開催(!)のレイヤード.NULL(8月26日開催)の情報を登録していくサイトです。

いつもお世話になっている方は今後とも。
初めましての方はこれから。
どうぞ宜しくお願いします。

イベントの開催にあたり、至らない部分のない様に鋭意努力致しますので、
皆様、宜しくお付き合いの程お願い申し上げます。

今までのレイヤードでお世話になっている方は勿論、特に京都では初という事で、今までのレイヤードを知らないお客様にも楽しんで頂けるコスプレイベントになればと思っております。

皆様のご来場を心よりお待ちしております。

                               にゃあ山田

コスプレイベント「レイヤード.NULL」について

規約にもならない独り言の様なご挨拶です。

こんにちは。

今回のレイヤード・きらっ都プラザでのコスプレイベントに際しまして、指揮を執る事になりました、にゃあ山田です。

このレイヤード.NULLですが、当レイヤード主催のk-dashがつけた名称です。
NULLとはそもそも"何もない"という意味。

今回の京都きらっ都プラザは、僕たちにとって初めての会場です。
この新天地において、レイヤードを知らない(ご参加頂いたことのない)皆さまに、『コスプレイベントを楽しんで帰って頂く』という、本来なら当然である目的の為、「何もない状態から初心に戻って取り組むべきだ」という意味合いを込めてつけられました。

学割制度もそうですが、特に今回、新規にご参加される若年層のお客様が気軽に楽しんで頂ける環境を用意出来れば、と思います。

勿論、今までレイヤードにご参加頂いた事のあるお客様については、今までと同等の(出来ればそれ以上の)満足を得て帰って頂きたい。
その為にスタッフ一同尽力致しますので、見届けて頂ければ幸いです。

また、主催のk-dashを敢えて不在とするイベントである事から、その意味も込めてのNULLであると言えます。

昨今のレイヤードの良い所は踏襲しつつ、今までk-dashの元では発見出来なかった部分も見つけて本体に持ち帰り、改善していく事が出来れば、レイヤードの開催する今後のコスプレイベントにとって、プラスになると思います。

宜しければ是非一度、ごゆっくりお楽しみ下さい。